いなほ便り

こんにちは😃
またまた「NHK100分de名著」より。
マルクス アウレリウス著「自省録」
ローマ皇帝の職において、様々な困難に向き合いながら、自らを省みる為に書かれた本です。
解説の哲学者 岸見一郎さんのエピソードに共感しました😚
ご自身のお母さんが余命宣告をされた時のこと。
家族は悲しみに打ちひしがれ、お母さんの為と考えお母さんには病のことを告げなかったそうです。今思えば…母は自分の現状を受け入れる力があったはず。他者(母、子どもetc)が困難を克服する力があると信じられることが本当の信頼なのではないか⁈また先人も乗り越えてきた困難を自分が乗り越えられない筈はない。困難に立ち向かえる力が自分にもあると信じること!困難の中には学ぶことがたくさんあります。
私はなんか勇気をもらいました。
皆さんはどうですか?


🎈いなほcafe(高校生成人ご家族対象)
5月28日(火)13:30~15:30
天理市御経野コミュニティセンター

🎈いなほcafe(小中学生保護者対象)
6月15日(土)9:30~11:30
天理市教育総合センター

参加費 100円
お問合せは
天理市教育総合センター
0743-63-0316

🐢おくむら ゆきこ🐢



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック